南アルプス山麓探訪

高鳥谷山(たかずやさん)

CATEGORY:登山

標高1,331m。

伊那市から南アルプスを見ると、戸倉山(伊那富士)の近くに、山頂に木がちょろちょろ生えているのがわかる低山があります。これが高鳥谷山です。

地元の産土神である高鳥谷神社が祀られ、とても地域に愛されています。

私はなぜか山頂の木が目立っているこの山が物心付いたころからとても気になっていて、中学の時には住んでいる南箕輪村から自転車を漕いで登りに行ったりしたものです。

山頂にあるお社。

山頂は広場になっていて、昔から神事に使用されていました。

広場になっているので髙い木が遠くからでも目立って見えていたのですね。

高鳥谷山 - 山頂のお社

高鳥谷山 - 山頂の高鳥谷神社前広場 - Spherical Image - RICOH THETA

山頂には石碑や灯籠が並んでおり、広場全体が神社の境内といった雰囲気です。

高鳥谷山 - 山頂はまさに神域

中央アルプス側には周囲の山々を紹介するイラストがあります。

高鳥谷山 - 山の紹介イラスト

中央アルプス側の展望です。

西側は木が少なく素晴らしい眺め。

高鳥谷山 - 中央アルプス側の展望

高鳥谷山 - 中央アルプス側の展望 - Spherical Image - RICOH THETA

南アルプス側の展望です。

東側は残念ながら木が成長してきており、山々が隠れてきています。

高鳥谷山 - 南アルプス側の展望

高鳥谷山 - 南アルプス側の展望 - Spherical Image - RICOH THETA

WRITER

さわ
澤崎文仁sawasaki

1982年7月14日生まれ。伊那谷の町中で育つも山奥出身の親父に連れられ幼少の頃より山教育を受け、すっかり自分も山男になってしまった罠猟師。キノコ採りが一番好きだけれど、渓流釣り・山菜採り・登山・ふらふら冒険などまったり楽しんでいます。最近はハンモック泊がマイブーム。休日といえば山。