南アルプス山麓探訪

孝行猿

CATEGORY:伝承

戸倉山の大鷲と並び、伊那市長谷村を代表する昔話です。

まんが日本昔ばなしでアニメ化もしていますので是非ご閲覧を。

この物語の主人公である江戸時代の猟師、
高坂勘助さんは実在した人物であり、当時の生活の道具も残されています。

以前は生家を資料館として公開していましたが、現在は温泉施設の入野谷に移設されています。

舞台となった柏木の集落から仙丈ヶ岳へと登る地蔵尾根コースの途中には孝行猿のお墓が残されており、登山者にお馴染みの場所になっています。

   信州伊那郡の入野いりの谷(現長谷はせ村)の柏木かしわぎ勘助かんすけという猟師がおった。冬のある日、猟に出たが、さっぱり獲物えものがなく、あきらめて帰る道で、大木にさるがいるのを見つけた。

「猿をつのは気が進まんが、手ぶらで帰るのもしゃくだでのう」

   勘助は猿を撃ち落としてしまった。母猿らしく、子猿の悲しげな鳴き声が聞こえたが、気にもめず、家に帰った勘助は、

「獲物の皮をぐのは明日にしよう」

   と、猿の四つ足をしばって囲炉裏いろりの上につるし、火種ひだねに灰をかぶせて、となりの部屋で寝てしまった。

   夜中にふと目をさました勘助は、囲炉裏の部屋をのぞいてみた。すると、子猿たちが来ているではないか。目をこらしてよく見ると、囲炉裏のわきで二匹が四つんばいになって重なり、もう一匹がその上で後ろ足で立ち、手で母猿の傷のあたりにさわっている。子猿たちは交替こうたいでこの動きをしているが、どうやら上の子猿は、囲炉裏の残り火で手を暖めては、その手を母猿の傷口に当てているようだ。

   いつまでもこの動作をくり返している子猿たちを見て、勘助はハラハラと涙を流した。

「ああ、おれはなんというむごいことをしてしまったのだろう」

   勘助はその夜、寝つかれずに朝を迎え、母猿を手厚てあつほうむってやり、それ以来ぷっつりと猟をめたという。

信州の民話伝説集成 南信編(出版 – 一草舎出版 2005年) 178-179頁より引用

こちらが孝行猿の墓。

孝行猿 - 墓全景

お墓の横には山神が祀られています。

孝行猿 - 山神宮

お墓には”遺跡”と記されています。

下の碑は後に建てられたものなので、もともとのお墓(上に乗っているのがそうかな?)はかなり傷んでいたのでしょう。

孝行猿 - 墓

お墓の横にある説明書き。

これによると勘助は当事者ではなかったようです。

短いながらもかなり重要な資料です。

孝行猿 - 看板

WRITER

さわ
澤崎文仁sawasaki

1982年7月14日生まれ。伊那谷の町中で育つも山奥出身の親父に連れられ幼少の頃より山教育を受け、すっかり自分も山男になってしまった罠猟師。キノコ採りが一番好きだけれど、渓流釣り・山菜採り・登山・ふらふら冒険などまったり楽しんでいます。最近はハンモック泊がマイブーム。休日といえば山。