南アルプス山麓探訪

大明神釣り堀センター

CATEGORY:生活

国道361号線を、高遠さくらホテルがある高遠ダムを過ぎるとすぐに美和ダムの下に出ます。

そこから急な上り坂になる場所が大明神と言われる場所で、旧高遠町と旧長谷村の境になっています。

余談ですがこの坂は気温境になっていて、盛夏に山奥でしばらく過ごした後に通ると、長谷側は涼しく、高遠側は蒸し暑く、なんだか里に帰ってきたなあという感じがするものです。

この大明神にある釣り堀はお気に入りの場所で、渓流釣りができない冬場だとか、山奥に連れていけないんだけど釣りを楽しみたい友達を連れていきたいときに、気まぐれに訪れています。

大明神釣り堀センターの全景。

上から見た大明神釣り堀センター

子ども関係のイベントなどでも利用されています。

釣り大会1

この釣堀はいつ行っても入れ食い状態です。

駆け引きの好きな釣りキチ諸兄には物足りないでしょうが、まずは釣りを楽しみたい方にお勧め。

釣り大会2

釣り堀のパンフレットの表紙です。

大明神釣り堀センターパンフレット表面

パンフレットの裏面。料金表になっています。

結構リーズナブルだし、バーベキューを簡単に楽しめるのも良いですね。

大明神釣り堀センターパンフレット裏面

WRITER

さわ
澤崎文仁sawasaki

1982年7月14日生まれ。伊那谷の町中で育つも山奥出身の親父に連れられ幼少の頃より山教育を受け、すっかり自分も山男になってしまった罠猟師。キノコ採りが一番好きだけれど、渓流釣り・山菜採り・登山・ふらふら冒険などまったり楽しんでいます。最近はハンモック泊がマイブーム。休日といえば山。