南アルプス山麓探訪

三軒岩小屋沢

CATEGORY:自然

三峰川源流部をひたすら遡って行くと、地蔵岳から仙丈ヶ岳へと続く地蔵尾根のすぐ下で、その流れを90度変える場所があります。

そこが三軒岩小屋沢さんげんいわごやさわと呼ばれる場所です。

地元の古い猟師や山師の間では、親しみを込めて「三軒茶屋」とも呼ばれています。

下流部から。

両岸が切り立った岩盤に挟まれた回廊になっています。

写真では白飛びしていますが、実際には奥に仙丈ヶ岳の稜線が見えています。

霊峰仙丈ヶ岳へ続く参道といった趣のある場所。

三軒岩小屋沢

三軒岩小屋沢の下流部。後述する真ケ沢しんがさわとの合流地点近くです。

川岸に広場があり、縦走登山者のキャンプ地となっています。

三軒岩小屋沢 - 下流側 - Spherical Image - RICOH THETA

三軒岩小屋沢の中ほどです。

昭和57、58年の台風被害により、沢はほとんどすべて土砂に埋もれてしまいました。

かつては岩壁一杯に広がる巨大な淵が2,3連なり、高巻きするか泳ぎでもしないかぎり、上流部へは辿りつけなかったと云います。

この淵は一つ一つが白神山地の青池を巨大にしたようで、高い透明度を誇るにも関わらず、水底が見えないほど深かったそうです。

本来あったこの淵が沢の名前の由来になっているのでしょう。

今では決して見ることができませんが、尺イワナや二尺イワナが真っ黒に群れて泳いでいたとか。

三軒岩小屋沢 - 中間

両岸から迫る岩壁はとても迫力があります。

かつてここにあった淵は一体どんなスケールだったのでしょうか。

三軒岩小屋沢 - 中間 - Spherical Image - RICOH THETA

岩の回廊を抜けたところ。

一気に開けた感じになります。

三軒岩小屋沢 - 上流側 - Spherical Image - RICOH THETA

三軒岩小屋沢を抜けると、木々が繁っているものの仙丈ヶ岳の稜線を望むことができます。

三軒岩小屋沢 - 仙丈ヶ岳稜線を望む

沢を抜けて少し登ると滝が見えてきます。

残念ながらクライミング装備がないと、登れるのはここまでです。

この滝も昭和57、58年台風の前は倍ほどの高さがあったそうです。

また、台風直後は大量の土砂が堆積し、簡単に登れる状態であったとか。

少しずつ土砂が流されて現在の高さで落ち着いています。

三軒岩小屋沢 - 上流の滝

滝の全天球画像。

岩壁には大量のイワカガミが咲いていました。

三軒岩小屋沢 - 上流の滝 - Spherical Image - RICOH THETA

三軒岩小屋沢から北へまっすぐ伸びる真ケ沢。

ここを登ると地蔵尾根に出ます。

真ケ沢

WRITER

さわ
澤崎文仁sawasaki

1982年7月14日生まれ。伊那谷の町中で育つも山奥出身の親父に連れられ幼少の頃より山教育を受け、すっかり自分も山男になってしまった罠猟師。キノコ採りが一番好きだけれど、渓流釣り・山菜採り・登山・ふらふら冒険などまったり楽しんでいます。最近はハンモック泊がマイブーム。休日といえば山。