南アルプス山麓探訪

中央構造線 溝口露頭

CATEGORY:自然

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク

美和湖畔でお手軽に見られる中央構造線の露頭です。

散策路や東屋が整備されており、春先にお弁当を持ってちょっと歩きにいくのにも良いです。

国道152号線から長谷村郵便局の隣を入るとすぐに着きますが、ちょうど緩やかなカーブになっており、入り口がわかりづらいかも。

散策路入口。

観察路の方へ下っていくとすぐに溝口露頭へ至ります。

溝口露頭 - 観察路入口

これが溝口露頭。

左側の砂泥質片麻岩と右側の黒色片岩の違いがはっきりと見て取れます。

現場は崩壊しやすいため、崩れたりすると立ち入り禁止になることも。

溝口露頭

わかりやすい説明書きが設置されています。

溝口露頭 - 説明書き1

溝口露頭 - 説明書き2

こちらは散策路の案内図。

そんなに距離はなく、簡単に一周することができます。

溝口露頭 - 散策路案内図

散策路の溝口露頭の真上には地層境界の標識があります。

溝口露頭 - 散策路にある地層境界の標識

地層の走り方の簡略図。

ここは展望が良いため、その壮大な構造を簡単にイメージすることができます。

溝口露頭 - 散策路にある地層イメージ図

散策路にも中央構造線の説明文が。

付近にある見どころも紹介されています。

溝口露頭 - 散策路の説明書き

散策路の東屋。

新緑の季節に、お弁当を持ってきてまったりするのにぴったりです。

溝口露頭 - 散策路の東屋

美和湖畔に露出した中央構造線。

地層の色が明らかに違っているのがわかりますね。

溝口露頭 - Spherical Image - RICOH THETA

溝口露頭 – Wikipedia

WRITER

さわ
澤崎文仁sawasaki

1982年7月14日生まれ。伊那谷の町中で育つも山奥出身の親父に連れられ幼少の頃より山教育を受け、すっかり自分も山男になってしまった罠猟師。キノコ採りが一番好きだけれど、渓流釣り・山菜採り・登山・ふらふら冒険などまったり楽しんでいます。最近はハンモック泊がマイブーム。休日といえば山。