南アルプス山麓探訪

浦の風穴

CATEGORY:自然

浦の集落の奥にある諏訪神社の近くには風穴があります。

具体的な場所や写真などの資料が見つからなかったため、ちょっと探してきました。

本来風穴とは空気の循環がある洞窟のことですが、この辺りには洞窟のようなものはありません。

一応地質図で調べてみると”珪長質深成岩”という地質で、古代にマグマが冷えて固まった、花崗岩質の深成岩、とのことです。

つまり、富士の樹海にある風穴と同じ、溶岩洞窟と似たようなものがあるのかな?

諏訪神社から東の斜面を下りていきます。

浦の風穴 - 下り道

途中、昔の道の跡がありましたが、相当前に大きな岩が崩落した箇所がありました。

もしかしたらこの辺りにあった風穴が埋もれてしまったのでは?と不安になります。

浦の風穴 - 岩が崩落している

道中にある岩にはところどころ穴が開いていましたが、どれも岩がひび割れた隙間のようなもので、あまり奥行きはありませんでした。

今では道なき道のような感じになっていますが、斜面は段々畑のように整地されている箇所が多くあり、以前は家や畑や田んぼがあったのでしょう。

獣道が一杯あるので歩きやすかったです。

ところどころ整地されている斜面の一番下まで来ると、それっぽい穴が見つかりました。

浦の風穴1

穴はあちこちにありました。

これらすべてを総称して浦の風穴と言うのか、それとも他の場所に大きな穴があるのか、崩落で消えてしまったのか、正直わかりませんでした。

浦の風穴2

今回の探索では風穴の場所に確証を得られませんでしたが、何か情報を得られれば再度行ってきたいと思います。

WRITER

さわ
澤崎文仁sawasaki

1982年7月14日生まれ。伊那谷の町中で育つも山奥出身の親父に連れられ幼少の頃より山教育を受け、すっかり自分も山男になってしまった罠猟師。キノコ採りが一番好きだけれど、渓流釣り・山菜採り・登山・ふらふら冒険などまったり楽しんでいます。最近はハンモック泊がマイブーム。休日といえば山。