南アルプス山麓探訪

熊倉沢鍾乳洞

CATEGORY:自然

箕輪ダム(もみじ湖)の奥に、忘れさられかけている鍾乳洞があります。

上伊那での洞窟ネタは貴重なので是非紹介したかったスポットの一つです。

大きなものではありませんが鍾乳石の名残(昔、心ない人が折って持ち帰ってしまったとか)が残っています。

特に保護等はされておらず自由に入ることができてしまうのが災いしてしまったようです。

林道を上がっていくと道端に看板があります。

ちょうど車を停めるスペースもあります。

熊倉沢鍾乳洞 - 看板

熊倉沢鍾乳洞は周辺にいくつか穴がありますが、この写真が熊倉沢鍾乳洞のメインの洞窟です。

暗くて少し手ブレした写真になってしまいました。

熊倉沢鍾乳洞 - 入口

穴自体はとても狭くて大人一人がやっと入れるほど。大柄な方は岩に挟まってしまいそうです。

中までは入ったことがありませんが、奥行きもそれほどないかな?

熊倉沢鍾乳洞の内部を覗く。

(後ろ姿だけど)管理人の写っている写真を初めて使用(笑)

熊倉沢鍾乳洞 - 内部を覗く

現場斜面は斜度が強く、崩壊した石灰岩のかけらと堆積した落ち葉が多く大変滑りやすくなっています。

足場が悪い上、石灰岩の岩肌にも注意が必要で、ちょっと危険な場所ですね。

(ちなみにイラクサが群生していて歩くのに痛い思いをしました)

熊倉沢鍾乳洞の周囲の斜面です。

石灰岩はどこも小さな穴だらけです。

熊倉沢鍾乳洞 - 周囲の様子

看板の周辺。

熊倉沢鍾乳洞 - 看板周辺

WRITER

さわ
澤崎文仁sawasaki

1982年7月14日生まれ。伊那谷の町中で育つも山奥出身の親父に連れられ幼少の頃より山教育を受け、すっかり自分も山男になってしまった罠猟師。キノコ採りが一番好きだけれど、渓流釣り・山菜採り・登山・ふらふら冒険などまったり楽しんでいます。最近はハンモック泊がマイブーム。休日といえば山。