南アルプス山麓探訪

金沢峠

CATEGORY:古道

杖突街道の頂上(中央道晴ヶ峰カントリークラブ)から林道を入笠山方面へ入っていくと千代田湖に着きますが、そのすぐ北側にこの峠があります。今ではただの山道に見えますがかなり歴史のある場所で、かつては参勤交代の主要路として使われ、伊那方面から甲州へ抜けるのに活用されていました。大名行列が通過する光景を見てみたいものです。

金沢峠

   金沢峠は高遠町の松倉から茅野市金沢の大池、またはJR青柳駅に通ずる峠である。諏訪側からは松倉峠と呼ばれている。高遠藩士坂本天山に学んだ江戸末期の学者中村元恒もとつねの『伊那古道記』には、峠の名の由来にちなんで、「金沢は古くは青柳といい、古い伝えに青柳より金を掘り出してより、改めて金沢と言うなん」と記される。
(中略)
   江戸時代になって元禄期(一六八八~一七○四)の頃から、この金沢峠は参勤交代の正式ルートとなり、高遠・飯田藩主や幕府諸役人の江戸往還で賑わうようになった。しかし、明治九年(一八七六)に杖突街道が仮県道に指定されてから、以後だんだんと寂れてしまった。
   登りつめて峠に立つと、雄大な八ヶ岳の山塊が眼前近く天空にそそり立ち、左に続いて蓼科山や霧ケ峰の優美な稜線が展開し、すばらしい眺めである。

信州百峠 (出版 – 郷土出版社 1995年) 164頁より引用

入口に詳しい解説が書かれた看板が設置されています。

金沢峠 - 説明文

金沢峠入口。

車道がヘアピンカーブになっており、そこから峠道が山中へと続いていきます。

カーブを右へ降りると千代田湖、左へ登ると入笠山方面へ行けます。

金沢峠 - Spherical Image - RICOH THETA

WRITER

さわ
澤崎文仁sawasaki

1982年7月14日生まれ。伊那谷の町中で育つも山奥出身の親父に連れられ幼少の頃より山教育を受け、すっかり自分も山男になってしまった罠猟師。キノコ採りが一番好きだけれど、渓流釣り・山菜採り・登山・ふらふら冒険などまったり楽しんでいます。最近はハンモック泊がマイブーム。休日といえば山。