南アルプス山麓探訪

番台跡

CATEGORY:古道

岳沢越しで通る飯場跡の上流で、南沢がさらに二つに分岐しており、右の沢を登れば岳沢越しに至ります。

沢沿いを登ると見落とされてしまいますが、この沢の分岐の中ほどにこの番台跡(漢字は違っているかも)があります。

番台跡の残骸。

この組まれた木枠は本来しっかりと立っている状態で、てっぺんには切り出した木を運び出すワイヤーの滑車が付いていました。

この場所は林業用架線の駅だったわけです。

番台跡

WRITER

さわ
澤崎文仁sawasaki

1982年7月14日生まれ。狩猟、山菜・キノコ採り、釣り、キャンプなど一年を通して山遊びしています。2019年台風19号により山奥は荒れ放題になり、なかなか行きたいところに遊びに行けてません。最近はゆるいブッシュクラフトがマイブーム。